旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

海外出国時に起きたまさかのアクシデント

f:id:wowowoworld:20180925002413j:plain

 

むかーし、昔、某国の大都市から帰国する際、アクシデントに見舞われた旅人がおったそうな。

 

観光を終えてようやく帰国という日。

飛行機に乗り遅れまいと緊張からやたらと早く宿を出て、出発時間の4時間ほど前に空港に到着しました。

 

預ける荷物がなかったためチェックインはさておき、とりあえず免税店で買い物をしようと思い立ちます。

当時まだまだ旅慣れない私は、空港での「チェックイン→保安検査→出国審査→搭乗」という流れが分かっていませんでした。

免税店があるのは出国後のエリア。チェックインもしていない状態で行けるはずがありません。

 

そんなことも知らず空港スタッフに「免税店に行きたいのですが…」と声をかける私。

空港スタッフに搭乗便の航空会社を聞かれ答えると、どうやら連れて行ってくれるようです。

 

彼女の後について歩き、いくつかの扉を通り抜けます。

連れて行かれたのは免税店も何もない場所。ここからバスに乗るようにとのこと。

何の疑問も持たずに指示されたバスに乗り込みます。

 

しかし、しばらくバスで空港内を走っているのですが、なかなか着きません。

というかどこに向かってるんだろう?

 

この辺りで何かおかしいと思い始めました。バスに乗ってるのも私一人だし。

刻一刻と過ぎていく時間と、どこに連れて行かれるのか分からない不安。

そして流れる汗。

 

もはや免税店などどうでもよくなってきました。

するべきことはチェックインです。

チェックイン後にいろいろと時間のかかる検査があるのは承知でした。

チェックイン、チェックイン!早く着け!

 

その後、時間はかかりましたが、ようやくバスを降りることができました。

着いたのはどこかの搭乗口。

バスの運転手さんが搭乗口のスタッフに事情を説明してくれたようです。

 

スタッフに言われてチケット(当時はまだ紙の航空券)を見せると、どうやら全然違う搭乗口に着いたことが判明しました。

ま、どうせその辺だと思ってましたが。

 

また別の搭乗口に連れて行かれ、さらにバスに乗って出発です。

さらに何人かのスタッフに引き継がれ(バスもあと1回くらい乗った気がする)、ようやく着きました。

 

私の搭乗便の搭乗口! 何とか間に合ってよかった~。

 

 

って何かおかしくないですか?!

 

私、チェックインしてません、保安検査受けてません、出国審査受けてません。

 

・・・セキュリティ適当すぎる。

今では考えられませんね。

 

結局チェックインは搭乗口でしてもらいました。

楽しみにしていた出国時のスタンプはもらえませんでした。出国してないから。

あれ?出国しないままってことは、やがてはその国の不法滞在者としてリストアップされるのでは??

そんな不安の残る旅となりました。

 

 ちなみにその後も何回か同じ国へ行っていますが、無事入国できています。

 

※写真はパリのシャルルドゴール空港のものです。