旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

せかっくなら楽しもう!国際線乗継時の空港での過ごし方

f:id:wowowoworld:20150502234949j:plain

 

長距離移動するならスパッと直行便!その選択、間違いないと思います。

ところが、直行便が運航されていなかったりチケットが取れなかったりで乗り継ぎ便の利用を余儀なくされることも。

国際線を乗り継ぐとき、待ち時間が長いと暇つぶしに困ってしまいますよね。

 

その待ち時間、せっかくなので楽しみましょう!

私はもっぱら食事をして楽しみます。

写真は香港で乗継便を待っているときに撮影したもの。写っているのはエッグタルトとタピオカ入りジュースです。写真はありませんが、トムヤムクンも食べました。タイ料理ですが。

基本的に現地の名物や珍しい食べ物を食べるのがおすすめです。たとえばオランダならパネクックとか。

 

さらに時間があればターミナル内を視察します。(ただの散歩)

ターミナル制覇ってくらい歩いて施設を見てまわるのもいいです。空港って楽しいです。あとは、免税店に立ち寄って現地ならではのお菓子を買って食べたりします。

これで結構時間を使います。

 

もう空港内も十分楽しんだけどまだ時間があるというときは、空港の無料WI-FIで旅先の情報収集に勤しみます。帰国時なら日本のニュースを見て旅行中の空白を埋めておきます。

 

それでもまだ時間があるときは、仮眠します。もはや楽しむとかいう次元ではないですが、旅行に備える(帰国なら疲れを軽減する)ために仮眠するのも一つの手です。

国際線が多数発着している空港にはターミナル内に仮眠用のホテルがあることも。ホテルでゆったりと寛ぐのもいいですね。

ホテルがなければ私のようにベンチで仮眠するのもアリです。ただし、盗難には注意ください。

 

「いやいや、そういのじゃなくて、待ち時間が18時間もあるんだ」というときはターミナルを出て市街地へ行くことも検討してみては。

空港から市街地までアクセスがよければちょっとした観光と食事ができます。

現地の入国条件を確認のうえ、短時間で行けそうなスポットを事前に調べておきましょう。通貨の準備もお忘れなく。

 

 

 

余談ですが、時間に余裕のある方は敢えて乗り継ぎ便を選んで、乗継地で寄り道することもできます。(乗継地で24時間以上滞在することをストップオーバーと言います。)

一度に複数都市を旅行できるちょっとした技で、これには、ストップオーバーが可能な航空券を手配する必要があります。また、追加料金が必要な場合もあります。

私は詳しくありませんが、航空券には種類がたくさんあり細かくルールが決められているそうです。ストップオーバーの希望の方は旅行代理店で旅程に合った航空券を探してもらうと確実です。

 

以上、せっかくなので乗継地でも楽しく過ごそうというお話でした。