旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

インド人との対決! 10年越しに明らかになった真実。

十数年前、初めての一人旅に出かけました。場所はフランス・パリ。

そこでかの有名なエッフェル塔に登りました。

それ以前にもツアー旅行でパリに行った事はあったのですが、エッフェル塔に登るのは初めて。これぞパリ、まさにパリという気がしました。笑

一方、観光大国フランス、しかも華の都パリというだけあってエッフェル塔の下にはものすごい行列が出来ていました。でもこの行列という試練を乗り越えないと上には登れないのです。

その行列に並んでいたときの出来事です。

 

私の次にはインド人家族が並んでいました。私の後ろには父親と思われる男性が並んでおり、私が少し前に進む度に(というか足が痛くて体の重心を移動させる等体勢が変わるだけで、実際に列が進んでいないときも)かなり距離を詰めてきます。

外国では順番抜かしをする人が多数いると聞いていたので、このインド人一家は私の順番を抜かそうとしているのかと思い、メラメラと対抗心が湧いてきました。

「絶対に彼らに順番抜かしさせてはならない!!」と。笑

曲がり角で内側に回りこまれるキケンがあったあんなときや、よそ見していたら列が進んでいたこんなとき…色々な場面がありました。

 

が、結局、最後まで私は順番を抜かされる事はありませんでした。

つまり、死にそのポジションを守りぬこうとした私が勝利したのです。

 

 

 

・・・と思っていました。

が、最近テレビでインド人に関する特集を見て気付きました。彼らは順番抜かしをしようとしていたわけではないと。逆に順番抜かしをされるのが嫌でビタッと前に並んでいる人にくっついているんだそうです。

そんな習慣を知らなかった私は衝撃を受けました。あのとき私が燃やしていた対抗心は無駄なものだったのです。

それと同時にインド人男性を誤解していたことを申し訳なく思いました。

 

旅行中、不愉快な思いをすることもありますが、世界には色々な文化や習慣の人がいると思えば少し楽になるかもしれませんね。

異文化を知る事は海外旅行の楽しみの一つです。反対に私たちの習慣が嫌がられることもあるでしょうし、それはお互い様。少し心を広く持つだけで、より一層、旅行を楽しむことができますよ。

また、郷に入っては郷に従えというように、現地の習慣を下調べしていくと、少なくとも現地の方とのトラブルは避けられるでしょう。