旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

ルクセンブルクのスーパーで発見!巨大なバナナハンガー(業務用)

ルクセンブルクのスーパーで見かけた光景です。

家庭用のバナナハンガー(バナナスタンド)は見たことがある(というか実は持っている)のですが、こんな大きなものがあるとは!

 

f:id:wowowoworld:20150524151627j:plain

 

そもそもこれがバナナ専用に作られたものなのかは疑問です。

でもよく見てください。バナナハンガーに食品会社の名前かブランド名らしきものが書かれていますね。バナナの会社が売場に提供したものかもしれません。

あくまでも想像ですが。

 

バナナハンガーのメリットはバナナが傷みにくいこと。

バナナを置いておくと接触した部分が傷みやすくなってしまうので、吊るすことでそれを防げるんですね。

 

同じ理由でスーパーでもこのように並べているのだと思われます。

もしかしたら家庭用よりスーパーの陳列用の方が先に普及したのかな?

 

 

ということでバナナハンガーの歴史を検索してみました!

が、分かりませんでした。

ゴメンなさい。

 

代わりに検索結果から得られた思わぬ情報をご紹介します。

 

・バナナには生食用と調理用が存在する

・バナナには300以上の種類がある

・バナナの黒い斑点のことを「シュガースポット」という(これが出てくると食べ頃!)

・バナナの生産量が一番多い国はインドである(フィリピンは3位)

・バナナを主食にしている国がある

 

ちなみに、私はまだ食事としてバナナを食べた事はありません。

旅先で食べる機会があれば報告しますね。

 

関連リンク:

バナナ | 輸入果物図鑑 | フルーツセーフティ