読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

海外滞在とマイナンバー制度

税金や社会保険の個人番号として導入されるマイナンバー。

海外にいる日本人のマイナンバーはどうなるんでしょうか?

日本の社会保険制度に加入したままの方は特に気にされているのではないでしょうか。

 

マイナンバーは、平成27年10月の第1月曜日である5日時点で住民票に記載されている住民に指定されます。

ということは、この時点で住民票がない非居住者にはマイナンバーは指定されないのですね。帰国後、住民票を作成したときにマイナンバーが指定されるそうです。

私の場合は、10月5日時点で住民票がない予定なので、マイナンバーは帰国後住民票を作成したときに指定されます。

 

以下は私の10月5日時点での状況です。

住民票:なし

健康保険:加入(日本で暮らす家族の被扶養者)

国民年金:任意加入

雇用保険:なし

所得税:非居住者

 

この場合、社会保険は日本のものに加入していますが、マイナンバーはないことになりますね。海外駐在されている方やそのご家族も「社保(本人は雇用保険も)加入、マイナンバーなし」の状況になります。

 

ちなみに私は、出国までの所得の確定申告を来年行う予定ですが、そのときはマイナンバーなしでよさそうです。

所得税の確定申告の場合、平成29年2~3月に行う平成28年分の確定申告からマイナンバーを記載することになります。(2015年4月回答)」とHPにも出ています。これは居住者も非居住者も同じですね。

 

詳しくは内閣官房のHPをごらんくださいませ。

マイナンバー社会保障・税番号制度

【追記】帰国後、住民票を以前住んでいた市町村に戻しました。 それから2週間ほど経った頃、マイナンバー(個人番号)の通知カードを受け取りました。