旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

海外滞在中の介護保険料

国内に住所のある40歳以上65歳未満の方は、介護保険料がかかります。

また、同条件の被扶養者がいる場合も同じです。

会社勤めで該当される方は給料天引きされていますね。

 

おや?「国内に住所のある」。。。ということは、海外赴任となり住民票を抜いている人は介護保険料がかかりません。(日本にいる家族が40~64歳の被扶養者である場合は介護保険料がかかります。)

国内に住所を有さず、介護保険の対象となる被扶養者もいない場合で、介護保険料が天引きされているという方は会社の社会保険担当者に言って手続きしてもらってください。

届出をすることによって介護保険料が支払不要になります。

 

また、お子さんの扶養家族として健康保険に加入しているリタイア世代の方で海外滞在をされている方なんかも、海外に在住しているという届けを出すことによってお子さんの支払っている介護保険料が不要となる場合があります(お子さんが介護保険の該当者でなく、あなた以外に介護保険の対象となる扶養家族がいない場合)。

 

一度ご自身の健康保険の扶養親族の情報や、給与明細を確認してみてはいかがでしょうか。扶養親族となっている方で介護保険対象の方は、被保険者に聞いてみてくださいね~☆