読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

海外にはICチップ付きのクレジットカードを持っていくべし

私のメインカードにはICチップが付いていないのですが、どの旅行情報サイトを見てもクレジットカードはIC付きを持っていくようにと書かれています。

なぜICチップがついているものがすすめられているのでしょうか?

 

 

そもそもICチップとは何なのでしょう?

お手元に財布のある方はクレジットカードを確認してみてください。

見た感じ1.5cm四方の金色のものが埋め込まれていませんか?

それがICチップ。

なければ、そのカードはICが付いていないカードです。

ちなみにICとはIntegrated Circuitの略で集積回路という意味だそう。

 

では、ICチップが付いていることでどんなメリットがあるのでしょうか?

詳しくは分からないけれど、ICチップにはたくさんの情報が保存できるそうでICチップなしのものに比べると偽造が難しく、安全性が高いということです。

 

 

なるほど!

安全性が高いからICチップ付きを持っていくようにということだったんですね。

海外旅行にどのクレジットカードを持っていこうか迷っているなら、ぜひICチップを搭載したものをお持ち下さい。

 

関連リンク:

ICカード | クレジットカード(MasterCard・Visa・JCB)なら三菱UFJニコス

↑ ICカードについて記載されています。

 

 

 

私の持っている三菱UFJニコスJALカードはICチップ付きです。 

 旅行用に使ってます。