読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

カナダにある公営のプールで驚いたこと

運動不足解消のため近所のプールへ行くことにしました。

この季節ですので、室内にあるindoor pool です。私が行ったところは外観がとてもキレイで、外からもプールの様子が丸見え。でも特に気にしません。

 

では、何に驚いたかというと

・利用料

なんと無料でした。日本で無料で入れるプールなんてあるのかしら。ちなみにフランスでプールに行ったときは入場料をきっちり取られました。

 

・設備やアメニティおよび衛生状態について

無料なので設備やアメニティに期待してはいけません。

シャンプー・ボディソープはもちろんなし。お風呂代わりにしたいのなら必要なものは持って来ましょう。ちなみにドライヤーもなし。荷物がかさ張りますね・・・

そしてお掃除してくれる人もいない様子。床は水浸しで髪の毛やらが散乱しています。一日に一回くらいしかしてないんじゃないかな?

ということで洋服類が絶対にぜぇ~~~ったいに床に落ちないようかなり気を遣いました。

あとロッカーキーはついていません。錠前をひっかけるための穴がロッカーについているので、鍵は自分で持ってこないといけません。コインロッカーくらいあってもいいのにね。

 

・25mプールの両端の深さが違う

スタート位置の深さは1.1m。ちょうどいい深さです。現地人と比べて小柄な私でも余裕です。ただ、端まで泳いで休憩しようと足をおろしたら体が思いっきり沈んで死ぬかと思いました。焦ってプールサイドをつかみつつ、横に書いてあった深さを見たら「2.4m」ですって!そりゃ足もつかないわ。こんなプール、端っこで休憩できなくて困らないのでしょうか?日本のジムでは年配の方もたくさんいるけど、この深さのせいかお年寄りは来てないみたいでしたよ。

ちなみにフランスで行ったプールは端から端までずっと深くて怖かったです。休憩もできないし、足を吊ったときには延々と立ち泳ぎしにゃならんしで大変でした。

 

・追い越しOK

自由ですね。前の人がゆっくり泳いでいたので、私もペースを落とし調整しながら後ろを泳いでいました。すると更に後ろからバシャバシャと私達を追い越しにかかってくる女性が!!日本のジムには「追い越し禁止」というパネルが置かれていますよね。

ちなみに隣のコースを見てみたら、3人くらいが団子状態で停滞しながら泳いでいました。危ないです。

 

他のプールは行った事がないので分かりませんが、こんな感じです。

もし海外でプールに入るのなら、水深だけは先に確認しておくといいと思います。