旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

カナダからの帰国

こんにちは。つい先日ニホンに帰って参りました!

外国での暮らしが長かったわけでもないのに、今は日本の全てが新鮮に感じます。

街にあふれるコンビニや発達した交通網。行き届いたサービス、きれいなトイレ、ゴミが少ない路上、ほかにも感動することがたくさんあります~。

そして、まだ帰ってきて間もないのにやたらとお金を使ってしまいます。特に服や靴などの服飾品や化粧品には目が無い状態・・・笑

あとは、これでもかってくらい外食しています。

日本ではぜんぶ日本人好みの日本人仕様になってるから、惹き付けられるのもしょうがないですよね!

といってもこのままお金がなくなるのはまずいのでセーブしなければ(^^;)

 

そうそう。社会人になってからの海外留学やワーキングホリデーの人達は年末よりも年始以降に帰国することが多いみたいです。

これは、住民税の課税の関係でしょうね。住民は1月1日時点で住民票をおく市町村に前年の住民税(国税地方税)を収めなければなりません。

 

つまり1月1日に住民で無い状態だと前年分を支払わなくて済むということ。

だからみなさん1月1日の時点では住民になりたくないのでしょう。

再び住民として市区町村に届け出るときにはパスポートで帰国日を確認されたかと思います。うそはつけないのでご用心w

 

ちなみに以下のような人はいつ帰国しても関係なさそうです。

・出発と同年度に帰国したが、そもそもその年に住民税が課税されるほどの収入を得ていなかった

→3月に出発し同年10月に帰ってきたとしても、そもそもその年度の日本での収入が少なければ翌年1月1日時点で住民か否かに関わらず住民税はゼロ。

※最初から短期の滞在予定の場合は住民票は除票できないのではないかと思います。市区町村にあらかじめ確認しておきましょう。

 

・住民票は抜いた状態で、年をまたいでほぼ一年滞在した

→海外滞在中の1月1日時点では住民でないため、その前年度の住民税は課税されません。一方、帰国した翌年の1月1日時点では住民なので帰国年度の住民税は課税されます。

まあ、丸一年の場合は住民税を払わなくていい年が発生するってことです。

その代わり海外で稼いだ分は、海外での所得税なりほかに定められた税金なりを支払うことになりますね。  

あくまでも一般的な話ですので、ご自身でよく調べてみてくださいね☆

では。See ya !