読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

エコな国 フランス

フランス

フランスは、私がエコだと思う国のひとつです。

電気や水をとにかく大事にしているイメージがあります。

 

学生時代、少しの期間だけ留学していて寮でお世話になっていたのですが、

そのときに感じたのが「エコ」の空気でした。

 

まずシャワー。

寮にあったのはボタン式のシャワーでした。ほら、あれですよ、銭湯なんかに付けられているのと同じやつ。一定時間経過すると勝手に止まってしまうシャワー。

1回のシャワーで何回プッシュしていたことか!

一般家庭ではこれは使ってないのかも、寮だからこういう仕様だったのかもしれませんね。

 

そして電気。

これも時間が経つと勝手に消えます。廊下などについているのは分かります。

通った後に勝手に消えてくれるのはありがたいですよね。消す手間がはぶけますから。

しかし、シャワーの電気もこの方式でした。こちらはちょっと長めで15分ほどついたままです。15分って!脱いで洗って拭いて着て・・・を15分では無理です。何度も電気の消えた暗い場面で個室の外にあるスイッチをつけに行きました。シャンプーの泡がついた頭のまま、もちろん裸のまま。

自分でちゃんと消すから電気つけといてよって感じです。笑

これはおそらく一般家庭でも使われているのではないでしょうか。

ホテルの廊下などでもこういう時間式の電気を見たことがありますよ。

 

さいごにエコバッグ。

めちゃめちゃ所有率が高いエコバッグ。ヨーロッパでは持って出かけるのは常識のようです。レジ袋の有料化など早い時期から取り組んできたみたいですね。そして今年の7月からは有料のレジ袋すら買えなくなったとのことです。「買うならエコバッグを!もったいないから繰り返し使ってね!」という意図かと思いましたが、それよりも環境に対する取り組みという要素が大きいみたいですね。

ダイオキシンなどの環境汚染や、レジ袋のごみを鳥などの生物が食べてしまうことから環境に悪いごみは減らしましょうということになったようです。

 

なんとなくですがフランスには自然を大切にする方が日本よりは多いような気がします。散策やハイキング、サイクリングなど自然の中で行う趣味を持つ方もたくさんいます。私たち日本人ももう少し自然に興味を持ってみるとまた違う視点で環境問題に取り組めるのかもしれませんね。

私もエコバッグ、ひさしぶりに持って出かけようかな。