旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

フランス南部の鍾乳洞「クラムーズ洞窟」

クラムーズ洞窟(grotte de Clamouse)。モンペリエからバスで30分ほどの場所にあります。

洞窟前(devant la grotte)というバス停で降りるのですが、降りたところがまたキレイです。道路の脇に川が流れていて、川の流れによって侵食された岩が屋根状になり川を覆っています。岩でできた屋根の上には草が茂り、そこにも水が流れています。自然が生み出した造形美ともいうべき光景でした。

画像がなくてすみません。あと文才もなくてすみません^^;

 

洞窟では、ガイドツアー形式で1時間20分かけて内部を見学します。開始時間が決まっているので公式ホームページでご確認下さいね(下にリンク有り)。

洞窟内はフラッシュなしなら写真撮影OK。ライトアップされた鍾乳洞をぜひシャッターにおさめてください。

目が退化した魚を見ることもできます。洞窟では光がなく見る機能が不要になったので目が退化したそうです。魚を撮影するときもフラッシュは禁物です。

気になったのは、ショータイムらしき催しがあったこと。ディスコのように七色の光が鍾乳洞の壁や天井をくるくる回るという…謎の時間でした。日本の洞窟では見かけない展示手法ですね。

 

ガイドツアーの様子が映る動画がありました↓ ショータイムも少しだけ映ってます。

 

洞窟見学の後は、Saint-Guilhem-le-Désert(サン・ギレーム・ル・デゼール)の街を見学しましょう。ここは「フランスで最も美しい村」の一つなんですよ。

こちらは日本語のサイトがあったので貼っておきますね。

 

クラムーズ洞窟へのアクセス:

 モンペリエからバスで30分。308番線でdevant la grotte下車。

 

関連リンク:

クラムーズ洞窟公式HP

サン・ギレーム・ル・デゼール | Saint-Guilhem-le-Désert | BonVoyage

http://www.saintguilhem-valleeherault.fr/en/