旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

海外滞在中でマイナンバーがない人がマイナンバーを取得するには

税金や社会保険の個人番号として導入されたマイナンバー。

海外にいる日本人のマイナンバーはどうなるんでしょうか?

 

マイナンバーは、平成27年10月の第1月曜日である10月5日時点で日本国内に住民票がある住民に対して付番されます。

この時点で住民票がない非居住者にはマイナンバーは付番されません。

 

平成27年10月5日以前から海外に在住している方は、帰国後、住民票を作成したときにはじめてマイナンバーが指定されます。

住民票を作成すれば、自動的にマイナンバー発行の手続をしてもらえるので、することといえば住民票を作成することのみです。

 

私も平成27年10月5日時点で国内に住民票がないため、マイナンバーは帰国後住民票を作成してからとなります。

 【追記】帰国後、住民票を以前住んでいた市町村に戻しました。 それから2週間ほどでマイナンバー(個人番号)の通知カードを受け取りました。

 

※2018年現在、諸々の届出書類にマイナンバーを記載する箇所がありますが、海外滞在中でマイナンバーがない人は空欄のまま提出しましょう。日本在住の家族についてはマイナンバーが付番されているので記載が必要です。

 

マイナンバー制度については内閣府のHPをご覧ください。

社会保障・税番号制度 - 内閣府