旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

私の街のバス事情 in カナダ

f:id:wowowoworld:20181001104635j:plain

 

カナダに来てからバスに乗らない日はないというほどバスを使っている私。最近ようやくバス生活にも慣れてきました。

 

もともと私は日本でもバスを使う機会があまりありませんでした。バスを使うのはバスでしか行けない外出先へ行くときだけ。

 

それでも日本のバスに不安に感じないのは、車内アナウンスが徹底されているからでした。 停留所に着く前には「次は~、○○公民館前」、停車ボタンを押すと「次、停まります」という親切なアナウンスがありますよね。素晴らしき日本!

 

私は旅行中、主にヨーロッパで路線バスに乗った経験がありますが、日本のようなアナウンスは聞いたことがありません。

 

そして、私が滞在している都市のバスでもアナウンスはありません。

行き先や次のバス停が表示されるディスプレイも設置されていない場合が多く、初めて乗る路線ではどこを走っているのか検討もつきません。

それは地元のカナダ人にとっても同じのようで、バスの運転手さんに降りる場所を訊ねている様子を頻繁に見かけます。

 

そのような事情もあり、ときどき独自に気の利いたサービスを行う運転手さんに遭遇します。

 彼は次のバス停を事前にお知らせしてくれます。

「次は〇〇(停留所名)!」とマイクも使わず地声で。

幾ら土地勘ができてきたとはいえ暗い夜道を走っていると外が見えにくいため、非常に助かります。

 

バスを降りるときはボタンを押すか車内に張り巡らされたワイヤーを軽く下に引っ張ります。

 

ちなみに、私のいる都市では女性の運転士さんが多くいます。

それでも男性よりは少ないです。割合にして6.5対3.5くらいでしょうかね。

 

 ※写真はケベック・シティを走る路線バス(RTC)です。