旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

飛行機のトイレ利用は食事前に!

f:id:wowowoworld:20160620012355j:plain


「トイレに行きたいけど、もうすぐ食事だから我慢しよう」
と思うかもしれないアナタにお伝えしたいこと...

我慢せず、すぐにトイレへ行ってください。

「少しくらいなら我慢して、食事のあと用を足そう」とトイレを後回しにする人は少なくありません。
しかし、食事後は腸の働きが良くなるからか、トイレが大変混みあいます。


食事が終わってからは、トレーの回収が済むまでテーブルを畳めなかったり、通路席じゃないときなんかは隣の人がまだ食事中でトイレに行ける状況ではなかったりとロスタイムが発生してしまいます。

そうやっているうちに、あなたの膀胱は少しずつ我慢の限界に近づき、トイレは混み出して、みるみるうちにトイレ1つにつき5人程の行列ができてしまいます。しかも食事の後は、一人ひとりの使用時間が長い。

私の経験上、食事が出る路線の飛行機ならこのタイミングがいちばんトイレが混み合います。


我慢せずに食事前に行っておくのが身のためです。

私のおすすめトイレタイム(?)は飛行機が水平飛行に入ってから、機内食が配られるまでの間です。

長距離路線においてはどの食事前も狙い目。正確には機内食用の飲み物を配る前。

飲み物が来ると皆さんテーブルを出していて少々厳しくなります。
CAさんがゴソゴソし始めたら要注意です。きっとすぐにカートを押してドリンクを配り出すことでしょう。

こうなってくるとカートが通路をふさぐため、通行止め状態になります。
トイレに行ったはいいけれど席に戻れず、最悪食事にありつけない可能性も無きにしもあらずです。
※CAさんに頼むとちゃんと持ってきてくれます。


通路側の席で出入りに気を遣う必要がないなら、ドリンクサービスの前後にトイレに行くのも有りです。

自席よりだいぶ前で機内食を配り始めたとしてもまだ大丈夫。
お客さんが2択の食事を選んだり、CAさんがサーブしたりとそれなりに時間がかかります。
トイレは空いているはずなので早めに済ませて席に戻れば、ミールサービスに間に合うと思われます。

食事後のトイレの混雑を避けたい方は食事前に済ませておくといいという話でした。