旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

イスラム美術の結集!スペイン・グラナダのアルハンブラ宮殿

f:id:wowowoworld:20181010120854j:plain

 

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿です。「グラナダアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区」としてユネスコ世界遺産に登録されています。

 

アルハンブラ」の名前はアラビア語で「赤い城」を表す言葉に由来しています。

アルハンブラ宮殿」と呼ばれていますが、アルハンブラは一つの城塞都市で軍事施設や裁判所など様々な施設の集まりです。

9世紀には要塞として既に存在していました。その後、増改築が重ねられ、今のアルハンブラ宮殿の姿になりました。

当初は軍事目的の施設のみでしたが、増築が進められ、13世紀には王宮(王の住居)として使われるようになりました。

 

 

f:id:wowowoworld:20181010124721j:plain

 

屋内に入るとイスラム装飾の特徴の美しい幾何学模様が目に飛び込んできます。

手の込んだ鍾乳石飾りもあちこちに見られます。

 

 

 

 f:id:wowowoworld:20161206232309j:plain

 

地面に敷き詰められた石まで幾何学模様を形成しています。

 

 

f:id:wowowoworld:20161206232337j:plain

 

夜のアルハンブラ宮殿もまた一味違ってきれいです。

(付近には危険なエリアもあるそうなので、夜間は複数で行動したほうがよさそうです)

 

 

私はオフシーズンに行ったこともあり当日券を買うことができましたが、当日券が完売することもあるそうです。チケットは事前にネット予約するのがオススメです。

アルハンブラ宮殿は丘の上にあり、徒歩で向かうには長い坂道を登ります(ヌエバ広場からバスに乗って行くこともできます)。また、敷地が広大なため長時間歩きます。

履き慣れた歩きやすい靴でお出かけ下さい。 

 

 

www.spain.info