旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

フランス仕様のパソコン、こうやって使ってます!

f:id:wowowoworld:20180926235142j:plain

 

2011年に滞在先のフランスで使用していたパソコンが壊れました。

急遽、現地でフランス仕様のミニノートPCを買い、今でも愛用しています。
しかし既に使い始めて8年目となり、そろそろ寿命のようです。

せっかくなので記録に残しておきたいと思います。


ちなみに当方パソコンの知識はほぼありません。また、古いOSを使っているので最新の情報はよく分かりません。

 

キーボード
フランスではAZERTY配列(アザーティ配列)のキーボードが使われています。左上から「AZERTY」。日本で使われているキーボードはQWERTY配列(クワーティ配列)です。

もちろんかな入力用の「かな」はキーボード上に印字されていません。

 

入力言語

初期に日本語を入力できるように設定しました。日本語をデフォルトにして、サブ言語としてフランス語を使っています。

当時はスマホを持っていなかったので、フランス語しか入力できない状態のPCから設定方法を検索せねばならず、苦労しました。

 

日本語入力するときにちょっと戸惑うこと

日本語入力に設定しても多少入力方法の違いがあります。

 

・日本語⇔アルファベットの入力切替

  「alt(または alt gr)」+「2(日本語キーボードでいう半角/全角キーと同じ位置)」

・「@(アットマーク)」の出し方

  「shift」 +「é」

・「:(コロン)」の出し方

  「shift」+「M」

・「;(セミコロン)」の出し方

  「M」を単独で

・「(鉤括弧開き)」の出し方

  「 ^(アクサンシルコンフレックス)」を単独で

・「(鉤括弧閉じ)」の出し方

  「$」を単独で

・「((丸括弧開き)」の出し方

  「9(ç)」を単独で

・「)(丸括弧閉じ)」の出し方

  「0(à)」を単独で

 ・「~」の出し方

  「shift」+「2(日本語キーボードでいう半角/全角キーと同じ位置)」

 

表示言語

OSの表示言語はフランス語です。「Unicode対応でないプログラムの言語」を日本語に設定しているからか、ときどき思わぬところで日本語が表示されます。

※「Unicode対応でないプログラムの言語」を設定することによって文字化けを防げるそうです。

 

スタートメニュー(フランス語⇔日本語)

Démarrer スタート

Documents ドキュメント

Images ピクチャ

Musique ミュージック

Jeux ゲーム

Ordinateur コンピューター

Panneau de configuration コントロールパネル

Périphériques et imprimantesデバイスとプリンタ

Programmes par défaut 既定のプログラム

Aide et support ヘルプとサポート