旅に出たくなったら

読んだら何となく役に立つかも、な旅情報ブログ。更新は気まぐれ。

水の美しさ際立つ絶景、プリトゥヴィツェ湖群国立公園

f:id:wowowoworld:20181007174107j:plain

 

クロアチアの山岳地帯に位置するプリトゥヴィツェ湖群国立公園(Nacionalni park Plitvička jezera)に行ってきました。

 

プリトゥヴィツェ湖群国立公園はクロアチア最古かつ最大の国立公園です。1979年にユネスコ世界自然遺産に登録されました。

特徴は16の湖と、湖から湖へと流れ落ちる無数の滝。段差のある湖は、石灰華(炭酸カルシウムの沈殿物)によって水が堰き止められることで生まれたそうです。

季節ごとに表情を変える自然の美しさは見事なもの。光の強い日にはエメラルドクリーンに輝く湖面が見られます。

 

ヴェリキ・スラップと呼ばれる大きな滝も見所のひとつ。滝自体も勿論綺麗ですが、ヴェリキ・スラップへ向かう遊歩道も個人的にはオススメです。遊歩道の下を水がハイスピードで流れている箇所があり、迫力満点でワクワクします。

公園内の遊覧船(料金は入園料に含まれる)も優秀なアトラクション。ゆったりと水面や水際の緑を眺めると心が洗われるようです。

 

自然の中で敷地も広大です。歩きやすく汚れてもいい靴でどうぞ。

 

 

 f:id:wowowoworld:20181007191355j:plain

 

私が訪れたのは冬。エメラルドグリーンとまではいきませんが、透き通る水の美しさに感動しました。

※冬季に訪れる場合は、雪が積もっている箇所があるので足元にご注意ください。

※冬季は天候により上湖群(upper lakes)が閉鎖されることがあります。

 

アクセス:

ザグレブバスターミナルからバスで2時間~2時間半ほど。

チケットは往復より片道ずつその都度購入するのがおすすめ。(複数のバス会社が運行しており、往復を買うとバス会社が指定されて不便なため。指定のバス会社が来るまで、他のバス会社のバスを見送らなければならず、特に冬は寒くて辛いです。)